5.1 第91回メーデーのとりくみについて

 2020年は、日本のメーデー100年目となる記念すべき年であり、本来ならば全都の労働者が集い、100年の歩みを振り返り、これまでの労働者の闘いと功績を称え祝うとともに、労働者の権利の拡充を求めていっそうの決意を固めあうものとなったことと思います。しかし、残念ながら新型コロナウイルス感染症拡大の下、集まることが極めて困難な状況となり、第91回中央メーデーおよび三多摩メーデーは、3つの「密」を避ける形で実行委員のみによる集会を開催し、LIVE中継やSNS発信が行われることになりました。

 今、長引く自粛要請によって、経済活動が制限され、多くの労働者が生活困窮を余儀なくされています。このような状況は、子どもたちの生活や健康にも深刻な影響を及ぼしています。こうした情勢のもと、100年目をむかえるメーデーに全都の組合員、教職員が声を上げ、すべての労働者との連帯の意思を示すために、都教組として以下のようにとりくみますので、多くの組合員の皆さんに参加を呼びかけます。またぜひ、退職された皆さんや未加入者の皆さんもご参加ください。

 なお、組合員の皆さんは、組合員ページに都教組メッセージを掲載してありますので、お読みください。

〇 5月1日(水)(全労連では12時~、三多摩労連からは12時~配信が開始)LIVE中継や集会動画はこちらから見られます

  ・全労連HPからメーデー特設ページに入れます ⇒ http://www.zenroren.gr.jp/jp/

  ・三多摩労連HPからメーデー特設ページに入れます ⇒ http://www16.plala.or.jp/santama-roren/  

    *なお、こちらから「メーデー見える化」動画(事前学習用の動画も当日の動画)がご覧いただけます。 ⇒ https://www.youtube.com/channel/UCVl-rx-NZauRQUkhLlrlgJA

〇 それぞれ自分のいる場所から、SNS(Twitter, Facebook, Instagram)を使って、「働き方改革」や「新型コロナ対策」に対する要求などを発信する。(全教「教職員ハッピーメーデー大作戦」)

・SNSに発信する際、以下のハッシュタグをつけて発信してください。

    ①「#ハッピーメーデー」「#せんせいふやそう」(全教共通キーワード)

    ②「#メーデー見える化プロジェクト」(全労連共通キーワード)

    ③「#May Day2020」(世界的な共通キーワード)

  ※全労連作成の「SNS活用のススメ」を下記のアドレスから見ることができます。

    参考にしてください。→ www.zenroren.gr.jp/jp/housei/data/2019/190128_01.pdf

前のページに戻る

PAGE TOP