ドキュメンタリー映画『まなぶ 通信制中学 60年の空白を越えて』公開のお知らせ

manabu.jpg
宮城さんと峯永さん チラシ (

ドキュメンタリー映画『まなぶ 通信制中学 60年の空白を越えて』が公開されます。

2017年3月25日(土)より新宿K's cinemaにて公開

連日10時30分 モーニングロードショー

東京都千代田区立神田一橋中学校通信教育課程。

大都会の片隅に、戦後の混乱期に中学校の義務教育を受けられなかった高齢者たちが、青春を取り戻しにくる学び舎がある。

人生の終盤を迎えてなお、人はなぜ学ぼうとするのか。前作『月あかりの下で ある定時制高校の記憶』で高い評価を得た太田直子監督が、その意味を探して5年の歳月を追ったドキュメンタリー。

撮影・監督・語り:太田直子

プロデューサー:田野稔

製作著作:グループ現代

助成:文化庁芸術文化振興費補助金

(2016年/カラー/BD/92分/日本/ドキュメンタリー)

公式ホームページ:http://www.film-manabu.com/

映画の詳細はこちらから:

前のページに戻る

PAGE TOP