東京大空襲・戦災資料センター 第1回教職員のための見学・学習会

見学・学習会にご参加ください

日時:11月26日(土)午後2時より

場所:東京大空襲・戦災資料センター

【事前見学会】地下鉄東西線「東陽町駅」1・2番出口の改札口午後1時集合で、戦災資料センターまでの途中にある慰霊碑や地蔵尊などを案内いたします。

 000226118-1_im.jpg(東京大空襲・戦災資料センター)

 東京大空襲・戦災資料センターは、東京大空襲の惨状を次世代に語り継ぎ、平和の研究と学習に役立つことを願って、4000名を超える方々の募金で設立された、民立・民営の資料センターです。2002年の3月9日、戦禍のもっとも大きかった江東区北砂の地に開館しました。

 この度、東京大空襲の惨禍を知り、いのちと平和のバトンを未来の子どもたちに受け渡したいという思いから、東京大空襲・戦災資料センターと東京都教職員組合が共同して、教職員のため東京大空襲・戦災資料センター見学・学習会を行うことになりました。

 

 ぜひこの機会に東京大空襲・戦災資料センターを訪ね、一緒に学んでみませんか。

 

 参加の申込みは東京都教職員組合まで(☎03-3230ー3891)、当日参加も可です。

 詳しくはチラシをご覧ください。

チラシ:

前のページに戻る

PAGE TOP