ケン・ローチ監督作品 映画「家族を想うとき」試写会のお知らせ

 日本でも大ヒットを記録した『わたしは、ダニエル・ブレイク』のケン・ローチ監督が、グローバル経済が加速する中で変わっていく人々の働き方と、時代の波に翻弄される「現代の家族の姿」を描き出した最新作です。

 この映画は、日本でも日々取り上げられている労働問題と重なり、観る者は現代社会が失いつつある家族の美しくも力強い絆に、激しく胸を揺さぶられる感動作となっています。

 都教組では組合員とその関係者向けに、映画「家族を想うとき」の試写会を開催します。

 日時・場所等は、組合員ページをご覧ください。

 チラシはこちらです。→ kazokuwoomoutoki.pdf

 映画の公式サイトはこちら:longride.jp/kazoku/

前のページに戻る

PAGE TOP