ハラスメント相談

ハラスメント相談のご案内

 都内学校現場では、管理職を中心としたパワー・ハラスメントやセクシャル・ハラスメント、マタニティ・ハラスメントなどが後を絶ちません。都教組ではハラスメントの根絶を求めて、とりくみを強めています。
 セクハラとマタハラについては、防止指針が都で作られ、区市町村教育委員会を通じて学校にも通知されています。それでもまだまだ学校ではセクハラやマタハラが起きています。
 また、パワハラについては防止指針がなく、区市町村教育委員会によっては相談窓口が設置されつつあります。しかし、あってもなかなか対応してくれない場合もあります。
 都教組では教職員を守り、笑顔で元気に教育活動がすすめられるよう、ハラスメントの相談にのり、その是正に向けてとりくんでいます。『これはハラスメントじゃないか』とご自身が気づいたり、周囲で感じたりした場合には、すぐに都教組にご相談ください。

連絡先

電話:
03-3230-3891 03-3230-3891

ハラスメント相談

これまであった「パワー・ハラスメント」相談事例

  • 指導の範囲を超えて管理職から怒鳴られたり暴言をはかれたりした。
  • 具体的な課題の指摘ではなく、「人として問題がある」などと人格否定をされた。
  • 子どもがいる前で授業を中断させられ、授業方法について指導された。
  • 校長室に何時間も閉じ込められて指導を受けた。
  • 具体的指導は1つもせずに、教職員としてふさわしくない、指導力がない、コミュニケーション力がないなどと説諭し続けられた。
  • 朝、職員室で、新採だからと全員のお茶出しを強要された。
  • 職場の飲み会で新採だから、若いからと、お酌を強要されたり、お酒を飲んだりすることを強要された。
  • 新採、若いからと休日出勤や私的な会合への出席を強要された。

これまであった「セクシャル・ハラスメント」、「マタニティ・ハラスメント」相談事例

  • 校長から今年は、妊娠はしないでほしいと言われた。
  • 人事異動の面接で妊娠する予定なら異動してもらうと言われた。
  • 校長に出産したことを報告したら、おめでとうの一言もなく、なんてことだ、また産育休代替を探さないといけないじゃないか、と強く言われた。
  • 職場の飲み会の席で女性だからとお酌を強要された。
  • 職場の飲み会でやたらと体を触ってきた。
  • 職場の飲み会で卑猥な話をしてきた。
  • 付き合っている人はいるのか、誰とつきあっているのか、としつこく聞かれた。
  • 仕事上必要がないのに、個人的なメールアドレス等を聞かれた。
  • 体をじろじろと見てきた。
  • 顔や年齢、体型のことなどについていろいろ言われたり質問されたりした。
  • 性自認や性的指向について聞いてきたり、揶揄したりしてきた。

PAGE TOP