都教組の紹介

都教組って?

東京都教職員組合(都教組)は...

東京都の公立幼稚園、小学校、中学校で働く教職員でつくっている組合です。
次のような活動を行っています。

働きやすい職場を

子どもたちがひとりひとり違うように、学校の教職員もその個性や持ち味を生かしながら、力を合わせ協力して教育活動を行っています。都教組は、民主的で人間的な職場づくりをめざし、職場ごとに分会をつくり、職場会で話し合い校長交渉を行うなど、勤務条件の改善にとりくんでいます。

憲法・平和を守る

子どもたちが二度と戦争によって傷つけられることのないよう、「教え子を再び戦場に送らない」という固い決意のもと、都教組は一貫して日本国憲法を守り、平和な世界をめざす運動をすすめてきました。原水爆禁止世界大会への代表派遣や、憲法九条を守り生かす署名運動などに積極的にとりくんでいます。

教職員のくらしと権利を守ろう
教育条件を改善しよう

教職員としていきいきと働き続けることができるように、賃金引上げ、教職員定数増、休暇等の制度改善、長時間過密労働の解消、労働安全体制の確立、人事異動要求実現などを求めてとりくんでいます。また、一人ひとりの子どもが大切にされる教育条件の改善を求めて、学校施設改善や30人以下学級の実現などにとりくんでいます。

豊富な実践から学びあう教育研究活動

都教組は、「よい教育がしたい」という教職員の要求にもとづき、様々な教育研究活動をすすめています。教科指導、生活指導、児童文化、学習指導要領、教育行財政のあり方・・・などなど豊かな実践や研究から学びあっています。教育研究集会や、教育実践講座などには多くの教職員が参加し、民間教育研究団体やサークル等とも協力して教育研究活動を行っています。

父母・地域・都民のみなさんと手をつないで

子どもを真ん中に、父母・地域・都民のみなさんと一緒に、教育のことや学校のことを考えあったり、声を集めて行政に働きかけています。「どの子も大切にする教育を」という願いで幅広い人たちと手をつなぎ、とりくみをすすめていきます。

専門部活動

都教組には、女性部、青年部、養護教員部、障害児学級部、幼稚園部、事務職員部、栄養職員部、産・育休教員部などの専門部や、再雇用職員対策委員会、夜間中学対策委員会などがあります。それぞれの要求にもとづいて、学習や交流、専門部交渉などを行い、いきいきと活動しています。

PAGE TOP