共謀罪を廃案に! 安倍改憲NO! 6・13市民集会開かれる

20170613syukai.JPG
日比谷野音に5200人

違憲の疑いがあり監視社会を強める恐れのある共謀罪法案は廃案に

 共謀罪法案の国会審議が緊迫している613日、日比谷野外音楽堂で、総がかり実行委員会と共謀罪NO 実行委員会の主催による市民集会が開かれ、5200人(主催者発表)が結集し、都教組組合員も職場から多数駆けつけました。

 主催者を代表して共謀罪NO 実行委員会の海渡雄一弁護士が、「強行採決を何としても食い止めよう」と力を込めて挨拶。続いて立憲野党各党代表から情勢報告と廃案に向けての決意表明が行われました。また衆議院法務委員会での審議で参考人として発言した京都大学の高山佳奈子教授が改めて共謀罪法案の違憲性などについて訴えました。その後、日本弁護士連合会や日本ペンクラブ、国際社会からも人権侵害の恐れがあると指摘されている、共謀罪法案を廃案にしようなどとの訴えが行われました。

 集会後、参加者は「共謀罪は絶対廃案」「テロ対策とウソつくな」などとコールしながら銀座を通り東京駅付近までアピール行進しました。

前のページに戻る

PAGE TOP