どの地区、職場でも「1年単位の変形労働時間制」は導入させない!「給特法」改悪法案の成立強行に抗議

 12月4日、参議院本会議において、公立学校に「1年単位の変形労働時間制」の導入を可能にする「給特法」改悪法案の採決が行われ、与党と一部野党の賛成で可決成立されました。最後まで国会前で廃案を求めてたたかっていた行動参加者は、ただちに抗議行動に切替え、どの地区、職場でも「1年単位の変形労働時間制」を導入させないたたかいを強める意思統一を行いました。

 抗議集会では、衆参文科委員会の審議、参考人質疑で、公立学校への「1年単位変形労働時間制」導入にかかわる多くの問題は以前にも増して浮き彫りになったこと、現在の公立学校現場に導入できる前提も条件もないこと、労働基準法、さらに憲法にも違反するような法案であり教職員の長時間過密労働をさらに悪化させ、子どもと教育、そして教職員のいのちとくらしに深刻な影響を与えかねない、などの訴えが相次ぎました。

1204henkeikokkaimae.jpg

 抗議集会では、政府の答弁や衆参それぞれで採択された付帯決議などを活用し、どの地区でも職場でも導入させないたたかいを強めていくことが確認されました。

前のページに戻る

PAGE TOP