核兵器禁止条約採択から1年、新宿でピースウェーブ行動

 pi-suue-bu.jpg

 国連における核兵器禁止条約の歴史的採択から1年が経ちました。ヒバクシャ国際署名推進連絡会の呼びかけで、77日を中心に核兵器廃絶を訴えるピースウェーブ行動が全国で行われました。

 7月7日、新宿駅西口でも宣伝行動が実施され、一刻も早い条約の発効や日本政府の署名、批准などを求める訴えが行われました。また、被爆者や市民、労働者など、数十名が核兵器廃絶署名への賛同を呼びかけ、都教組組合員も参加しました。

前のページに戻る

PAGE TOP