7・25中央行動 教育予算の大幅な増額を!文科省に「えがお署名」提出

 tyuuoukoudou.jpg 7月25日の18夏季闘争7・25中央行動は、都教組でも集約した定年延長にかかわる内閣人事局への署名提出行動、財務省に対する教育予算増額を求める要請に続き、全教などの主催で、2019年度概算要求に向けた文科省前要求行動が行われ、都教組も参加しました。

 各地における子どもや教職員をめぐる実態や切実な要求が語られ、文科省に向かって「35人学級の実現を」「教職員定数の抜本見直しを」などと声を上げました。また、代表団が文科省に、教育予算増額を概算要求に反映するよう求める「えがお署名」を提出しました。

kourousyoumaekoudou.jpg  その後、公務労組連絡会・全労連公務部会の主催で、最低賃金引き上げ、長時間過密労働解消、公務員賃金改善、非常勤職員の処遇改善などを求める人事院前・厚労省前要求行動を行いました。

 また、安倍9条改憲阻止、いますぐ最賃1000円以上などをスローガンに、日比谷野外音楽堂で総決起集会を開催し、2000人が結集。集会後、銀座デモで市民にアピールしました。

前のページに戻る

PAGE TOP