労働者の団結で生活と権利、平和と民主主義を守ろう 第89回中央メーデー、三多摩メーデーに都教組も結集

 2018年5月1日、第89回中央メーデーが代々木公園で、三多摩メーデーが井の頭公園で、それぞれ開催されました。

 今年は9条改憲や労働法制の大改悪がねらわれている下で、労働者の団結でそれらを跳ね返し、平和と民主主義、労働者のいのちとくらしを守ることがたいへん重要な課題になっている中、開催されました。

 中央メーデーには2万8千人が参加、主催者あいさつに続き、連帯・激励あいさつ、被災地からの訴え、団体からの決意表明も行われました。メーデー宣言等を採択したあと、3コーズに分かれて行進を行い、沿道の市民にアピールしました。

tyuuoumeidei.JPG

 三多摩メーデーには2500人が参加、都教組多摩ブロックの組合員が登壇し、学校現場の実態や要求、平和を守るとりくみ等について訴えました。終了後に行進も行いました。sanntamameidei.jpg

前のページに戻る

PAGE TOP