「共謀罪」法案の強行可決に抗議、参議院で絶対に廃案を、と国会正門前に9000人

20170519kokkai.JPG
国会前の参加者

 5月19日、昼過ぎに衆議院本会議で「共謀罪」法案が自民、公明、維新の賛成で強行可決され、総がかり行動実行委員会の毎月の19日行動は、強行可決抗議、参議院で絶対廃案を、という抗議集会となり、全国から9000人が結集、都教組からも多数かけつけました。

 立憲野党からのあいさつや決意表明、関係団体や個人からの訴えが続きました。

「一般市民は対象とならないと金田法務大臣が答弁しているが本当なのか」、「戦前も政府は治安維持法の適用をめぐって同じように答弁していたではないか」、「治安維持法もどんどん拡大され青年教職員も含めて次々に逮捕されていったではないか」、「政権に物言わぬ国民づくりにつながる」、「今でも人権が蹂躙された捜査が行われているのに『共謀罪』ができたらさらに監視社会が広がり、人権がさらに侵害されるおそれがある」など、参加者からは「共謀罪」に対する不安や懸念の声が次々に聞かれました。

前のページに戻る

PAGE TOP