新型コロナウイルス感染者数の再度の拡大に対する都教組の対応について

 7月末から8月にかけて、新型コロナウイルス感染者数は都内で最多となり、学校現場でも子どもや教職員の感染が増え続けています。

 学校現場に直結している都教組として、都教組本部書記局員のいのちと健康、くらしを守ることはもちろん、組合員のいのちとくらし、そして学校現場の子どもと教職員、家族のいのちとくらしも守っていくことが求められています。

 そうした立場から、再度、都教組執行委員会で、今後の対応について確認しましたので、お知らせします。

 確認内容は組合員ページでご覧ください。

前のページに戻る

PAGE TOP