「憲法9条守れ」と署名23万筆提出

「戦争する国」づくりは許さない 

 

20140611kokkai.jpg

 6月11日、「戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター(憲法共同センター)」が参院議員会館で署名提出大集会を行い、憲法9条を守ることを求める請願など23万1004人の署名を国会に提出しました。

 あいさつに立った自由法曹団の長澤彰幹事長(都教組弁護団)は、「憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認という歴史的暴挙は許されない。今こそ、憲法守れの声を大きく広げよう」と呼びかけました。

 また、全日本教職員組合(全教)の藤田新一副委員長が、安倍「教育改革」は「戦争する国づくりと一体にすすめられている」と批判し、戦前への逆戻りは絶対に許さないとの決意を述べました。

 この集会には、都教組の代表も参加し、集会後、議員要請を行いました。

前のページに戻る

PAGE TOP