映画『アオギリにたくして』上映会のお知らせ

子どもたちに平和の思いを伝えるために

 

 未曾有の惨劇をもたらしたヒロシマ・ナガサキから69年が経過しようとしていますが、いまも多くの核兵器が世界の平和と安全を脅かしています。

 いま世界は、米国オバマ大統領のプラハ演説や国連安保理決議から4年が経過しますが、広島。長崎市長が記念式典でも訴えているように、核兵器廃絶に向かつて大きく前進しているとは言えない状況にあります。

 このような情勢の中で、いまこそこの映画『アオギリにたくして』を、各地域で上映し、"核兵器廃絶"運動を更に前進させなければなりません。

 映画『アオギリにたくして』は、広島平和記念公園の被爆アオギリの木の下で、被爆体験を語り継いだ沼田鈴子さんをモデルに製作された、事実に基づく物語です。

 主人公の田中節子は勤務中に被爆し、婚約者の死を知らされます。そんな彼女を家族は支え続けました。

しかし、社会復帰を誓った彼女には更に厳しい現実が待っていました。

 廃人のようにさまよう彼女は、かつての職場の中庭にあつたアオギリと再会します。

その後、被爆体験を語り継ぐことに捧げたその人生は、"核兵器廃絶"と平和を求めるすべての人々への強烈なメッセージとして、いまも私たちの心に残ります。

 この映画を多くの方々に見ていただくことは、"核兵器廃絶"運動を前進させる上で、非常に意義のあることだと思います。

 映画『アオギリにたくして』が、下記の日程で上映されます。

 

日時:8月2日(土)から8月15日(金)

 午前10時から1回上映

会場:ユーロスペース(渋谷)※チラシを参照

 

詳しくはチラシをご覧下さい→ 2014aogirinitakushite.pdf

前のページに戻る

PAGE TOP