戦争法廃止、政治を変える、市民が変える、国会大行動に4万人が結集

20160605sogakari.JPG
日比谷公園前の総がかり行動

 

 6月5日、「戦争させない、9条壊すな、総がかり行動実行委員会」が呼びかけた「6.5 明日を決めるのは私たち、参院選で野党勝利、憲法を守る国会へ、全国総がかり大行動」が実施され、全国100カ所で市民、国民が一斉に行動しました。

 国会周辺に設けられた3つのステージには4万人の市民、国民が結集し、都教組からもたくさんの組合員、退職者が参加しました。

 各ステージでは野党代表のあいさつやSEALDs、ティーンズソウルの青年、弁護士、学者、作家などが次々にスピーチしました。30分に1回、「政治を変える、市民が変える」と書いたアピールを掲げ、戦争法廃止、9条壊すな、戦争させない、政治を変える、市民が変える、などとコールしました。

 最後に、参議院選挙で戦争法を廃止し、平和主義、民主主義、立憲主義をとりもどし、野党勝利による政治転換のためにたたかうこと、また6月19日も14時から総がかり国会正門前行動に結集しようとの行動提起がありました。

 初めて国会行動に参加した青年は「今まで周りにいる組合員が国会に行っていた。いつかは自分もぜひ参加してみたいと思って参加した。何もできないけれど、とにかく参加して学んでみたいと思っていた」と感想を述べました。

前のページに戻る

PAGE TOP