戦争法強行から1年 戦争法反対と国会前に2万3000人

29160919kokkai.JPG
雨の中、国会前に集う都教組の参加者

 9月19日、安倍政権による戦争法(安保関連法)強行から1年となったこの日、「戦争法は絶対廃止!」と、全国各地で集会やデモが行われ、総がかり行動実行委員会が呼びかけた国会正門前の行動には2万3000人が参加しました。

 都教組からも、降り続く雨の中、多数が参加。「教職員の良心にかけても、子どもたちを戦場に送るわけにはいかない」の思いが、国会前に広がりました。

 総がかり行動では、市民の代表や4野党の国会議員、学者、弁護士らが次々にマイクを握り、「戦争法廃止」を訴えました。

前のページに戻る

PAGE TOP