戦争法廃止へ国会前で総がかり19日行動

20161019kokkai.JPG
国会前の参加者


 10月19日、内戦が続く南スーダンへの自衛隊派遣に反対、戦争法廃止を求め、毎月19日の総がかり行動が国会前で行われ、6000人が参加しました。

 衆議院第2会館前の集会では、市民団体や労働組合の代表、弁護士などがスピーチを行い、安倍政権の暴走を絶対に許さないと訴えました。

 また、参加者は、「自衛隊を戦地に送るな」「今すぐ撤退」「『駆け付け警護』反対」などと声をあげました。

前のページに戻る

PAGE TOP