「子どもたち、若者を戦場に送るな!」と全国から1800人

20161105daisyukai.JPG

 11月5日、全教(全日本教職員組合)、教組共闘連絡会、子どもの権利・教育・文化全国センターの主催で、「子どもたち、若者を戦場に送るな! 憲法改悪阻止 国民の思想・信条の自由、言論・表現の自由、子どもと教育を守る大集会」が東京・日比谷野外音楽堂で開催されました。この集会に、教職員、市民など全国から1800人が参加しました。    

 集会には、都教組からも多数参加、リレートークでは都教組の代表が東京の教育の現状について発言しました。

 集会アピールは、「憲法を守りいかし、国民の思想・信条の自由、言論・表現の自由、子どもと教育を守るとりくみを全国でともに繰り広げていくことを心から呼びかけます」と歌えています。

 集会後、参加者は銀座をパレードを行い、「政府は教育への政治介入はやめろ」「戦争法の発動やめろ」などとコールして、街頭の人々に訴えかけました。

前のページに戻る

PAGE TOP