「話し合うことが罪になる共謀罪法案の廃案を求める4・6大集会」に3700人

20170406kyobozai.JPG
開場いっぱいの3700人が参加

 4月6日、「話し合うことが罪になる共謀罪法案の廃案を求める4・6大集会」が、日比谷野外音楽堂で行われ、会場いっぱいの3700人が参加しました。

集会は、「共謀罪NO!実行委員会」と「総がかり行動実行委員会」が共催で行われました。弁護士の海渡雄一さんは、主催者あいさつで、「法案の廃案をめざして最後までたたかおう」と呼びかけました。

 また、民進党、日本共産党、社民党、自由党、参院会派「沖縄の風」の国会議員のスピーチ後、吉岡忍さん(ノンフィクション作家、日本ペンクラブ専務理事、)、青木初子さん(沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)、佐藤学さん(安全保障関連法案に反対する学者の会)、山口二郎さん(立憲デモクラシーの会、法政大学教授)、高山佳奈子さん(京都大学教授・刑法)が発言。共謀罪反対の思いを熱く語りました。

 参加者は、「共謀罪NO!」と書かれたプラカードを掲げ、「共謀罪」を廃案させるまでたたかおうとアピール。集会後、国会まで請願デモ行進をしました。

 集会には、都教組も参加しました。

前のページに戻る

PAGE TOP