労働法制改悪、「共謀罪」創設反対、5・24労働者と市民の連帯集会開催

20170524kyobouzai.JPG
日比谷野外音楽堂での集会

 5月24日、労働運動と市民運動の連帯をめざす1日実行委員会の主催で、労働法制の改悪と「共謀罪」の創設に反対する連帯集会が、日比谷野外音楽堂で開催され、2500人が集まり、都教組も参加しました。

 主催者や立憲野党からの情勢報告に続き、雨宮処凜さんやエキタス、平和フォーラム、NPO団体などからの連帯や決意表明が行われました。

 集会の最後に、「共謀罪」法案の廃案を求めるととも「私たちは労働者の命と健康を破壊し、長時間労働をさらに助長するような労基法の改悪と、私たちの雇用社会を崩壊させかねない解雇の金銭解消制度に断固として反対します。市民運動と労働運動が手を取り合って連帯し、国民的運動と世論の力で今の国会と政治状況を変えていきましょう」などと呼びかける集会アピールを採択しました。

 集会終了後、小雨が降る中、銀座から東京駅まで労働法制改悪反対、「共謀罪」は廃案に、などとコールしながらデモ行進を行いました。

前のページに戻る

PAGE TOP