高プロ・裁量労働制拡大はいらない! 日比谷野音集会

 5月22日、与党が「働き方改革」一括法案の強行採決をねらっている中、日本労働弁護団が主催した「高プロ・裁量労働制拡大はいらない!」日比谷野音集会が開催され、1800人が参加、都教組組合員も参加しました。

 集会では緊迫した国会情勢報告、一致して高プロ制度反対を掲げている立憲野党からの連帯あいさつ、連合、全労連、全労協からの発言が行われました。

 また、札幌や名古屋、大阪、福岡の運動をつなぐ中継放送が流され、会場から連帯の拍手が送られました。

 「全国過労死を考える家族の会」や「かえせ☆生活時間プロジェクト」からの発言も行われ、集会アピールを採択しました。

 集会後は、高プロ制度は過労死促進、労働時間の規制を外すな、24時間働かせるな、などとアピールしながら、国会請願デモが行われ、衆参各国会議員面会所前で立憲野党が迎える中、国会内外で連帯してとりくみを強める意思統一が行われました。

hibiyayagaisyuukai.JPGのサムネイル画像

前のページに戻る

PAGE TOP