新型コロナウイルス感染症にかかわる安倍首相からの一斉休校要請にかかわる再度の緊急の申し入れ

 都教組は、3月3日までに調べた安倍首相による突然の一斉臨時休校要請への区市町村の対応や組合員から届いている学校現場の状況、地域や保護者の様子、また政府も休校対応については地域や学校の実情を踏まえた設置者の柔軟な対応も可能だとしていることから、新型コロナウイルス対策の徹底を図りながらも、子どもたちや地域の状況に応じて、区市町村で決めた対応の再検討の要請を区市町村に行うよう、都教委に再度の緊急の申し入れを行いました。

 その他、保護者の休業補償、子どもたちの居場所や昼食の確保、給食関係業者や生産者の支援などにかかわる国への財政的支援の要請、都独自の支援、臨時休校の継続や中止にあたっては専門家や教職員の意見も聞きながら決めて早めに連絡するなど、子どもと教職員、保護者、学校関係者のいのちとくらし、学校教育を守るための申し入れを行いました。

 申し入れ書は組合員ページでご覧いただけます。

前のページに戻る

PAGE TOP